2月 15 2016

アプリ開発をする場合様々な方法があり、作るアプリや規模によっても相場は変わってきます。

簡単なゲームアプリで通常1ヶ月程度で作れるものだった場合、アプリ開発にかかる費用は、ほぼアプリ開発エンジニアの人件費と言えます。

つまり年収1200万レベルのアプリエンジニア一人で作れる規模のアプリであれば、アプリ開発の委託費用は100万円+会社の利益が相場という事になりますので、アプリ開発会社が50万円のマージンを上乗せした場合、1ヶ月程度で作れるアプリ開発の相場は委託費用で150万円という事になります。

アプリ開発をアプリ開発会社に頼んだ場合は、どうしても会社はリスクを回避する為に大目に予算を取ります。

これは利益を少しでも多くとりたいという理由以外に、もし万が一、予定通りアプリ開発が進まなかった場合に、納期に合わせる為、エンジニアを増員させたり、残業させて、当初の予定を超える費用がかかっても赤字にならない為のリスク回避の為でもあるのです。

例えば、最近流行りのクラウドソーシングで、フリーのアプリエンジニアの方が、安くアプリ開発を受託する可能性はありますが、個人の力量と判断で、ギリギリの金額で仕事を請けるので、想定通り開発が進まなかった場合、納期に間に合わなかったり、イメージと違ったアプリが出来てくる可能性も否定出来ません。

したがって、フリーのアプリエンジニアに依頼する場合は大規模なアプリ開発は向かず、開発費用が100万円以下の簡単なアプリ開発がオススメです。

仕事休憩中にはコーヒーを飲みながら本を読む

フリーのアプリエンジニアの力量を見極める方法としては、開発実績としてカメラやBlueTooth、位置情報や電話帳機能など仕様を経験している事と、過去のアプリ開発実績があるアプリエンジニアを選べば安心です。

アプリ開発にはアプリ開発会社が開発するケースと、フリーのアプリエンジニアが開発するケースでアプリの開発方法や相場が変わってきますが、それ以外にもアンドロイドアプリを開発するのか、iphoneアプリで開発するかでも開発方法や相場が変わってきます。

アンドロイドアプリを開発する際には開発言語はJava言語となるので、開発エンジニアはJavaのエンジニアとなります。一方、iphoneアプリで開発する場合、開発エンジニアが使用する開発言語はObjective-cやSwiftといった開発言語となるので、Javaのエンジニアを探すよりもObjective-cやSwiftを使いこなせるエンジニアを探す方が、エンジニア人口が少ない分難しく、自動的に開発費用の相場はiphoneアプリよりも、アンドロイドアプリ開発の方が安く抑えられる可能性があります。

開発言語による開発手法、相場の違いとしては、HTML5アプリも開発費を抑えられる開発手法として注目が集まっています。

HTML5アプリとはWEBアプリやハイブリッドアプリとも呼ばれていますが、Objective-cやSwift、Javaで開発するネイティブアプリと違い、HTML、CSS、JavaScriptでアプリ開発を行う開発手法です。

(参考)アプリ開発費用と言語の関係性はあるのか!?

ネイティブアプリであれば、iphoneアプリとアンドロイドアプリを開発する際に、それぞれ別々の開発言語を必要としますので、両方の言語でのアプリ開発を出来る、アプリエンジニアを確保したりするので費用も開発期間もかかってしまいます。

ところがハイブリッドアプリであれば、iphoneアプリもアンドロイドアプリも、1つのプログラムで同時に開発が出来るので、開発に要する工数を削減する事で、大幅に開発費用を削減が出来る事もハイブリッドアプリの魅力です。

このハイブリッドアプリの開発に使用される言語としては、HTML、CSS、JavaScriptといった一般的なWebサイトの作成で使用されるMonacaやCordovaといった開発言語で、ゲームアプリではC++などで開発出来るCocos2d-xや、C#で開発出来るUnityが有名です。

しかし安いからと言ってハイブリッドアプリがオススメかというと、レスポンスが遅い、OS別の作業が発生するなどのデメリットもあります。

アプリ開発エンジニア必要な眼鏡

一般的にハイブリッドアプリは、ネイテイブアプリより、レスポンスが遅いと言われていて、アプリ特有の操作性を出したいアプリ開発には向いていません。

また、ハイブリッドアプリは1つのプログラムから、iphoneアプリとアンドロイドアプリの2つのアプリを作りますが、 実際はプログラムの一部をiphoneアプリ用、アンドロイドアプリ用で作る必要があります。

例えば、カメラ機能やGPS機能、外部Webサービスなどと連携する機能などを持つアプリの場合、OS別にコードを書き分ける必要が出てきますが、それでもネイティブアプリよりは、格安でアプリ開発をする事が出来ます。

つまりメインのプログラム開発iphoneアプリとアンドロイドアプリ両方やる必要がないので、そういう意味では工数の削減につながりますが、アプリのテストはiphoneアプリ、アンドロイドアプリの2本分やる必要があるので、厳密にはネイティブアプリと比較して、開発工数が半分になるという訳ではありません。

それでもネイティブアプリよりも相場で言うと約半額まで開発費を抑えられ、開発工数も短期間で作成出来るので、アプリ開発を行うのであれば、ハイブリッドアプリ、またはプログラム開発言語がわからなくてもアプリが作れる無料のASPサービスもオススメです!

2月 08 2016

アプリを開発するとなった場合、アプリ開発を専門に行っている会社や、アプリ開発を得意とするフリーランスのエンジニアに委託するのが一般的だが、アプリ開発にかかる開発費用の相場は作るアプリによってまちまちです。

一口にアプリ開発と言っても、アプリにはアンドロイドとiphoneがあるので、アンドロイドアプリを開発するのか、iphoneアプリを開発するのかでも、料金の相場には違いがあります。

アプリケーション開発性制作のデスク

料金の相場の違いが起こる理由のほとんどは人件費で、実際にアンドロイドアプリとiphoneアプリの開発が出来るアプリエンジニアは、そのプログラム知識と経験でごく限られた人しかいないので、作りたいアプリの分野によっては、需要と供給のバランスで自ずと人件費も高騰し、結果として開発費用は高額なものとなってしまうのです。

つまりは、アプリ開発が高額な理由としては、アプリ開発に必要なプログラム言語の知識と経験を兼ね備えたアプリエンジニアが少ないという事と、誰でもこのプログラム言語の知識を習得する事が難しく、結果アプリエンジニアが育たない事も要因の一つとなっています。

そんなアプリ開発の世界で最近話題になっているのが、プログラム言語の知識が無くても誰でも簡単にアプリが作れるASPサービスです。

そのクオリティも無料でアプリが作れるサービスでありながら、無料のサービスで作ったアプリがアプリストアのランキング1位になって、高額な広告収入を得られた事例もあるので、無料のASPサービスであっても高品質です。

中には月額使用料がかかるASPサービスもありますが、無料だから機能が低いとか、有料だからハイスペックという訳ではありません。

デスクの上のipadやノートなどの仕事道具

単純にそれぞれの会社の値段設定の違いだけなので、無料であっても高品質なASPサービスも存在します。

中にはリリースする事が出来ないアプリ開発の練習用のサービスだったり、広告収入が入らないサービスもあるので、どういうアプリを作りたいか?

広告収入を得たいのかなど、目的にあったサービスかどうかを事前に調べてから活用する事をオススメします。

ASPサービスのほとんどがドラッグ&ドロップの操作でスマホアプリが作れるので、機能の違いはあまりなく、それぞれのASPサービスの特色や使いやすさなどは、まずは無料のASPサービスをいくつか試してみて、自分に合ったものを使うのが一番です。

機能の違いもおおまかにはゲームアプリ、地図アプリなどのテンプレートから選び、アプリ作りを進めていくタイプのものがほとんどですが、中にはお店の宣伝用のアプリが作れるASPサービスもあるので、お店のアプリを作りたい人であれば、こういうASPサービスを活用する事で、クーポン配信機能やプッシュ通知機能などのある店舗向けスマホアプリ作成ASPサービスなどが機能に特化していて便利です。

1月 31 2016

アンドロイドアプリやiphoneアプリなどのアプリ開発を依頼する場合、アプリ開発会社に業務委託するのが一般的ですが、インターネットサービスの普及によって、アプリ開発会社を通さず、直接フリーのアプリエンジニアにアプリ開発を依頼出来る、クラウドソーシングが話題になっています。

国内のクラウドソーシング業界ではランサーズとクラウドワークスの2社が有名で、もしクラウドソーシングアプリ開発をフリーのエンジニアに依頼するとなった場合、この2社を活用して業務委託するのが一般的です。

このクラウドソーシングでアプリ開発を業務委託した場合、アプリ開発を業務委託する人、または企業に手数料はかかりません。

手数料は10万円以下の部分は20%、10万円~20万円の部分は10%という手数料が、ランサーズとクラウドワークスそれぞれ共通してかかります。

ダウンロードの意味を示すマーク

そして20万円を超える部分に関しては、ランサーズは5%の手数料がかかりますが、クラウドワークスでは20万円を超えた部分はかからないという違いがあります。

アプリ開発を業務委託する側からすると、ランサーズで依頼しても、クラウドワークスで依頼してもどちらも100万だったとしても、受託したフリーのエンジニアには報酬の違いがあります。

ランサーズの場合には、10万までは20%の2万、10万円~20万円の部分は10%なので1万、そして100万から20万を差し引いた80万に対しては5%の手数料がかかるので、4万がかかって、合計すると手数料は7万円がかかるので、フリーのエンジニアの報酬は93万となります。

ではクラウドワークスではどうなるのかと言いますと、20万円までしか手数料はかからないので、3万の手数料を引いた97万がフリーのエンジニアの報酬となります。

ではアプリ開発ではどうかというと、同じ案件であれば企業の方が、金額の相場という意味では開発費用は割高になりやすい傾向があると言えます。

インターネットが繋がるwifiマーク

やはり会社と個人では開発の進め方に違いがありますので、案件の規模や内容によって、アプリ開発会社に頼むべきか、フリーのアプリエンジニアに頼むべきか見極めるのも良いでしょう。

アプリ開発会社とフリーのアプリエンジニアの最大の違いは、会社と個人という事なので、大規模なアプリ開発や凝ったアプリであれば、フリーのアプリエンジニアで作るには限界がありますので、チームで請け負えるアプリ開発会社が有利です。

逆に簡単なアプリであれば、フリーのアプリエンジニアでも安く作れる可能性があるので、相場的に安くアプリ開発を業務委託したい場合、クラウドソーシングで、フリーのアプリエンジニアへの業務委託がオススメで、納期や規模などで信頼がおけるのは、やはりアプリ開発会社の方が安心です。

1月 23 2016

アプリを開発するとなった場合、自社で開発するという方法と、外部のアプリ開発会社に委託するという方法があります。

費用としては、自社で一から開発環境を揃えたりアプリ開発の専門家を集めるよりも、すでに実績のあるアプリ会社に委託した方が、費用が安上がりになる可能性があるので、これからアプリ開発を行いたいとなった場合は、アプリ開発会社に委託するケースが一般的です。

では、アプリ開発会社に委託する場合、その相場や委託先の選び方はどうすれば良いのでしょうか?

アプリ開発会社の選び方のポイントどこまでの範囲を委託するのかという事を明確化する事がまずは重要となります。

ダウンロードのパネル

最初のアプリの企画の段階から一緒にやってくれる会社を探しているのか、設計・プログラミングなどの開発業務のみを委託するでも金額は大きく変わってきます。

通常は企画から設計、プログラミング、サーバ構築、アプリのストア登録など、全ての業務をまるまる委託出来るアプリ開発会社を探している会社がほとんどだと思います。

まるまるアプリ開発を委託する場合、アンドロイドアプリに特化した会社なのか、iphoneアプリに特化した会社なのかにもよりますが、そのアプリの実績のある会社じゃない限り、相場はほとんどあっても無いに等しいと言えます。

というのも、アプリ開発は実際に作り始めてみないとどれ位で作れるのかは見えないので、相場を確認しても多めの金額を言われるケースがほとんどです。

多めの金額を見積もられるというとボッたくられているイメージを持つ人も多いと思いますが、想定外のバグなどが発生してアプリ開発が長引いても、追加で費用を請求する事は難しいので、余裕を見て多めの工数を予定して見積もらなければ、期日までに開発が終わっていない事で、トラブルになったり、追加費用分で赤字になる事も考えられます。

ですので、アプリ開発の受託先を選ぶ場合には、アプリ開発の強みと弱みを確認し、得意ジャンルや不得意ジャンルがどこなのかを確認する事で、自ずと作りたいアプリの実績のある会社や、得意そうな会社が見えてきます。

ゲームアプリのアイコン

ゲームアプリの実績が多数のアプリ開発会社であれば、過去の実績からも相場もすぐ出ますし、過去の実績から、これから作りたいアプリに対するアドバイスも貰えたりします。

会社の大小に関しては、大手アプリ開発会社の方が、技術力も高く実績豊富ですが単価も高めな傾向にあります。

逆に中小アプリ開発会社であれば開発コストも抑えられる可能性がありますが、開発スピードやクオリティは過去の実績等で見極めるしかありません。

ですので、アプリ開発会社に委託する場合には、実績のある会社数社で相見積もりを取って比較するのも一つの手だと思います。

1月 17 2016

アプリ開発を他社に委託するのではなく、全て自社に行うとなった場合、一体どれ位のスキルを持った人材と費用がかかるのでしょうか?

iphoneアプリを開発する場合にはObjective-cという言語が使われていて、近年ではAppleがSwiftという言語を発表し、このSwiftでのアプリ開発を推奨しているので、Objective-c、またはSwiftという言語を使えるプログラマーが必要になります。

そして、アンドロイドアプリではJavaと呼ばれる言語が使われていますので、アンドロイドアプリの開発にはJavaでのアプリ開発経験のあるプログラマーが必要です。

カラフルのアットマーク

Javaにはパソコンで使用されていたシステム開発やWEB開発でもJava言語で行われており、言語としては同じJavaでも、Javaを知っていたら、誰でもアンドロイドアプリが作れるのかと言えばそういう訳ではないので、Android javaが使えるアプリエンジニアが必要となります。

具体的にアプリ開発にかかる費用と言えば、そのほとんどが人件費となりますので、逆に人件費以外でかかる費用と言えば出来たアプリをストアにアップする際の手数料や、開発環境を整えるのに、開発ツールやパソコンのスペックによっては、開発用のパソコンも必要になるのかもしれません。

では、アプリ開発でかかる人件費はどれ位かかるのかという話ですが、通常はアプリのプログラムを組むプログラマーと、サーバーサイドを担当するサーバーエンジニア、アプリ開発の企画やディレクションを行う人材がいる事が一般的ですが、仮に一人でこの全てを担当した場合、Objective-c、Swift、Javaという、アプリ開発に必要なプログラミング言語とは別に、サーバーサイドやDB周りといった、MySQLやPython、AWSといった知識のあるエンジニアが必要となります。

当然スキルが上がれば上がるほど人材の確保は難しくなり、ハイスペックの人材は競争率も高いので給料も高くなりがちです。

アプリ開発に必要な人材ネット

ネットでサーバーサイドも出来るエンジニアの募集を見てみると、給与相場はおよそ800万~1000万程度で出ているので、もし一人で全てを担当出来るスキルとなると、場合によっては、1000万~1500万は必要かもしれません。

しかし最近ではObjective-cやJavaを使えなくても、HTML5/CSS3で作成するWebアプリもあり、WEB系のエンジニアは、アプリのサーバーエンジニアよりも比較的集めやすいので、人材の確保も費用も安く抑えられます。

もしくは、更にコストを抑えてアプリを開発する方法としては、新たに人件費をかけずに、無料で作れるアプリ開発用のASPサービスを利用して、アプリ開発を行うという方法もあります。

この方法であれば、プログラム開発の知識も経験も不要で、費用もほとんどかからないので、アプリを作ってみたいというやる気だけで初心者からでもアプリを作る事が出来るのです。